堅実派に吉!投資信託〜リスクが軽減する理由について〜

証券会社が資金を集め、運用会社が投資信託を構成し、信託銀行が資金や株を管理するというのが投資信託の仕組みです。

信託の仕組み

投資信託というのは投資家から資金を集め、その資金で金融商品を購入・投資するものです。
そして3種類の会社が投資信託に関わっています。
投資信託を投資家に販売する(つまり、投資家から資金を集める)のは証券会社。
どのように投資するのかを決めるのは投資信託運用会社。
預かった資金や購入した株を管理するのは信託銀行。
投資家は、証券会社から投資信託を購入します。
証券会社を通して資金が集められるわけです。
証券会社の他にも投資信託会社が直接販売するケースも多く、銀行や保険会社からも販売されています。
信託銀行は集められた資金と、購入した株・債券を責任もって管理します。
運用会社は投資顧問会社とも呼ばれます。
運用会社のファンドマネージャーがバランスを考えながら投資する銘柄を選び、信託銀行にどの銘柄の株をどれくらい買うのか、国債をどれくらい買うのか指図します。
投資信託はこのようにして構成されるのですが、この割合のことはポートフォリオと呼ばれます。
投資信託の利益が出るか損失となるか、それはファンドマネージャーの力量がモノをいいます。
そして優秀なファンドマネージャーならば、年収億単位の収入を得ることができます。
何年か前に日本の高額所得者トップとなったのも、とある運用会社のファンドマネージャーでした。
世界に目を向けると数千億円の収入を得るファンドマネージャーもいるほどです。
投資信託は英語でinvestment trustといいます。
investmentは「投資」ですが、trustには「信頼」という意味があります。
ファンドマネージャーを信頼するからこそ、投資信託を購入することができるわけですね。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加