堅実派に吉!投資信託〜リスクが軽減する理由について〜

投資信託にかかる手数料には購入時にかかる販売手数料、運用にかかる信託報酬、解約時の解約手数料といったものがあります。

信託の手数料

金融商品を売買するときには大抵の場合、手数料を必要とします。
投資信託も例外ではありません。
投資信託の場合、手数料には販売手数料・信託報酬・解約手数料といったものがあります。
販売手数料は、購入時にかかる費用です。
投資信託を買う時は証券会社あるいは、その投資信託を作っている会社から直接購入するケースがあります。
証券会社では販売手数料を必要とする場合が多いのですが、投資信託会社からの購入では、販売手数料を払わずに購入できるものが見かけられます。
また、証券会社によっては販売手数料を必要としない投資信託を多く取り扱っているところもあります。
販売手数料無料の投資信託はノーロードと呼ばれています。
信託報酬は、販売会社・運用会社・信託銀行が受け取る手数料です。
運用にかかる手数料で、特に投資する側が支払うということはなく、運用資産から自動的に引かれるので、意外と意識しないものですが、年に1パーセント前後のものが多いようです。
運用がプラスであってもマイナスであっても、信託報酬は差し引かれるわけですから、投資信託を購入するときには信託報酬が低いものを選びたいものですね。
解約手数料はその名の通り、解約時にかかる手数料です。
いくらになるのかは投資信託により異なりますが、保有期間が長いほど解約手数料が少ない傾向があります。
また、解約の金額が小額の場合には、手数料がかからない投資信託も存在しています。
投資信託の売買において、手数料がバカになりません。
出来るだけ手数料が安いあるいは無料のものを選んだほうが賢い方法です。
会社の成長を支える事業者ローン・事業融資
会社事業を続けるためには、時に新たな挑戦をしなくてはなりません。もちろん先立つものがなければ無理な話。資金面のサポートはビジネスローンで。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加