堅実派に吉!投資信託〜リスクが軽減する理由について〜

MRFとMMFは安全性の高い投資信託です。元本割れはほとんどなく、預貯金と同じ感覚で利用されています。

MRFとMMF

MRFあるいはMMFという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
両方とも証券会社が提供する投資信託です。
MRFはMoney Reserve Fund(マネー・リザーブ・ファンド)の略です。
主に格付けの高い、つまり、安全性が高い公社債で運用される投資信託です。
証券会社に口座をつくり、入金があるとそのお金は自動的にMRFという形になります。
MMFはMoney Management Fund(マネー・マネジメント・ファンド)の略で、これもMRF同様、公社債や短期金融資産で運用される投資信託です。
公社債の内容は国債や地方債、電力債など安全性が高いと言われているものです。
どんな債券がどれくらい組み込まれているか、そして利回りはどの程度なのかといったことは、各証券会社によって異なっています。
MRFもMMFも投資信託ではありながら、非常に安全性の高い金融商品です。
過去、元本割れを起こしたMMFの例もありますが、ほとんど預貯金と同じ感覚で、しかも金利はそれらより高いという魅力があります。
MRFとMMFの違いについてですが、MMFは取得から30日未満に解約する場合、信託財産留保額が1万口あたり10円かかるのに対し、MRFにはそういったことはありません。
利回りはMMFの方がやや高いのですが、まれに、MRFの方が高くなることもあります。
MMFもMRFも毎日決済され、分配金は月末にまとめて再投資されます。
以前は中期国債ファンドという商品もありました。
「中国ファンド」という名前で呼ばれ、人気商品でしたが、MMFとあまり違うことのない商品であるため、現在はほとんどの証券会社が撤退しています。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加