堅実派に吉!投資信託〜リスクが軽減する理由について〜

投資信託のメリットは株と比較して大損となりにくいことと小額での積立もできることです。デメリットとしては手数料がかかること、株主優待がもらえないことがあります。

信託のメリットとデメリット

何にでもメリットとデメリットがありますが、投資信託の場合はどうでしょうか。
メリットとしてはリスクを軽減できることがまず挙げられます。
投資信託には多様な金融商品や銘柄が組み込まれています。
組み入れられている銘柄のうち1社の株価が急落しても、他の会社の株がその損失をカバーしてくれて大損となることはありません。
他に、外国株など、個人ではなかなか購入しにくい商品に投資しやすいのも魅力的なところです。
また、投資信託は小額から始められる投資でもあります。
例えば日本の会社の株を買うならば、10万円あるいは20万円と、ある程度の金額が必要になってきますが投資信託は1万円から買うこともできます。
また、月々の積立をすることもできるので、リスク性金融商品の中でも比較的預貯金に近い感覚で購入することができます。
デメリットとしては、株と同様、売買タイミングの判断を迷うと損失が起こることでしょう。
さらに、何もしなくとも信託報酬という手数料が必要となり、成績によっては損をすることもあります。
株を買うと株主優待が魅力と感じる人もいますが、投資信託では株式が組み込まれていても、その株主優待をもらうことはできません。
そして、メリットでもありデメリットでもあるのが「誰が判断するのか」というところです。
株やFXは、自分自身の判断で売買するものですが、投資信託はファンドマネージャーというプロが判断して売買をします。
「プロに任せて安心」というメリットであると同時に「他人の判断に任せざるを得ない」というデメリットでもあります。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加